講師ブログ

半分、そして翔ぶ

自分が生きて来なかった、もう一人の自分。

もう半分の自分。

夢の中では『影』として現れる。

ユング心理学でいう、『シャドー』だ。

影とは中々の存在で、どのように関わっていくのかで、
人の人生は大きく変わる。

興味のある方は、
河合隼雄さんの
『影の現象学』をぜひ読んで頂きたい。

先日、私の半分の年も生きていない人の歌を聴いた。

もともと彼は感受性がとても豊かで、すくすくと歌も心も成長していった。

彼は一音ずつ、とても丁寧に歌った。

彼の歌を聴いていると、イメージと声が同時に出ているように思う。

本当はどちらが先なのか、ということを考える必要は無いような気がする。

ただ、そこに彼の歌がある。

彼の歌の伴奏をしたギター科の地主先生は、
『あの子、あの子やよね?』と、彼の存在を私に確認してきた。

短い年月の間に彼は、風貌、声、醸し出す雰囲気など色んなことが変わったのだ。

彼の歌を聴いたラクジー師匠は、
『あの曲を歌っている歌手本人より、良い歌を聴かせてもらった』
と、孫を見るような優しい目で言った。

真っ直ぐ、着実に、安全に彼は成長している。

彼はこれからどこへ翔んでいくのだろうか。

みくら音楽工房のみんなで彼の成長を支えていきたい。

子どもや孫のような年代の彼らを見守り、支えていくことは自分の中にある内なる子どもを育て、影と上手く付き合っていくコツかもしれない。

石川県金沢市にあるギターとドラムとボーカルの音楽教室

みくら音楽工房
ボーカル科講師

大場佳恵

2019-05-20 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

人生を歌う時

人生を歌うためには、生きなければならない。

経験していないことを想像で歌うことも、ある程度はできるのだろうが、余程イメージの力をコントロールできる人か、湧き水のようにドンドンとイメージが溢れ出る人でないと難しい。

人生を歌える時期に差し掛かった人の歌を聴くと、どのようにその人が生きてきたのか、見せてもらえる。

短い映画を見ているようだ。

人は自分の話を聞いてもらいたい、という欲求がある。

一人の人の話を聞き続けるという行為はなかなか難しい。

苦痛と感じることもあるだろう。

しかし、『聞く』という行為が熟達してくると不思議と歌えるようになる。

先日、5月に吹く爽やかな風のような声の持ち主の歌を聴いた。

彼の声は繊細で、細い。
しかし、その声には意志が強く宿っている。

彼の声を聴くと、いつも新緑の黄緑色と清流の水色を思い浮かべる。

私には出せない色の声。
もしかすると、私の中にはすでに存在しているが、まだ発見できていない色の声なのかもしれない。

歌うことで、彼の人生には新しい色彩が増えた。

石川県金沢市にあるギターとドラムとボーカルの音楽教室

みくら音楽工房
ボーカル科講師

大場佳恵

2019-05-19 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

フラミンゴ色

ある話題について、彼は淡々と説いてみせた。

具体例を用いて、とてもわかりやすく、完結な説明であった。

感情的にはならず、ユーモアまでも取り入れる表情には余裕さえ感じた。

身長が伸び、声も変わり始めたが、彼の心はそれを上回るほど成長していた。

その表情はすでに、一人前の大人のように見えた。

彼の頬は歌の中に入って行くとフラミンゴ色に染まる。

少年の世界と、大人の世界を行き来する特有の時間を彼と共有できることに私は感謝する。

石川県金沢市にあるギターとドラムとボーカルの音楽教室

みくら音楽工房
ボーカル科講師

大場佳恵

2019-05-17 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

バカンスでみくら旅

イタリア人はバカンスを楽しむという。

一か月ほど休暇を取り、各々好きな場所へと出かけるらしい。

今の私はそんなに休暇は取れないので、月に一度、ラクジー師匠がガイドするみくら旅に出かける。

先日、笑顔が愛らしい彼女と、難しい曲を一緒に歌った。

私は彼女を誘い、みくら旅に行くことにした。

しかし、彼女は直前に酷い風邪をひいてしまい、みくら旅に行けなくなってしまった。

彼女が一番悔しがっていた。
気持ちはよくわかる。

みくら旅は普通の旅行とは一味も二味も違うからだ。

風邪(ふうじゃ)という邪魔が入ってしまったが、風邪をひくことは悪いことばかりではない。

浄化の作用がある。

一旦、浄化をしてからまた、みくら旅に行けば良い。

私はまた彼女をみくら旅に誘おうと思う。

彼女が歌をきっかけに本当に知りたかったことを体感してもらいたいから。

全身でラクジー師匠のアドバイスを聴いていた彼女の横顔には、『用意はできた!』と書いてあった。

真剣な表情というものは、美しいと思う。

彼女の挑戦を私は応援したい。

石川県金沢市にあるギターとドラムとボーカルの音楽教室

みくら音楽工房
ボーカル科講師

大場佳恵

2019-05-16 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

会いに来てくれる

火曜日の夕方、彼は私に会いに来てくれる。

白い車で金石にあるみくら音楽工房へと来てくれる。

彼は歌の研究者のように思うことがある。

おでこ、つま先、スネ、頬骨、口輪筋など、歌う時にどの方向に意識づけするのかを毎週研究してくる。

その研究結果を私に教えてくれる。

私はその研究の結果、彼の歌と声がどのように変化したかを伝える。

そんなやり取りの中で、私が彼に教えてもらったことは数知れない。

教えるという行為は、相手から教わる行為でもある。

彼らしい言葉の選択で、私に一生懸命伝えようとしてくれる。

お互いのことを全て分かり合えるということはありえない。

わかったフリをすることで何となく、こういうことか?とコミュニケーションが取れ始める。

しかし、そのやり取りが長年にわたって繰り返されると、フトその瞬間が現れる。

わかった、と思える瞬間だ。

「分かり合えない」という事を前提に不完全な言葉と歌を使い、「分かり合いたい」と思うことがコミュニケーションということなのかもしれない。

去年彼は私に嬉しい言葉をかけてくれた。

『先生、ピアノ上手くなったぞー!』

けっして上手くない私のピアノをずっと彼はちゃんと聞いててくれたのだ。

また火曜日に会おう!

石川県金沢市にあるギターとドラムとボーカルの音楽教室

みくら音楽工房
ボーカル科講師

大場佳恵

2019-05-15 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

少年から青年へ

厚着をしていた服を一枚一枚脱ぎ捨てるように、彼は自分をさらけ出すことを習得した。

少年の頃の記憶と感情を振り返り、一言一言確認するように歌う。

続けて、少年から少し時間が経過した頃を歌う。

強さを纏っていた。
彼は己と戦い、強くなっていた。

歌を通しての、その変貌ぶりに私も彼も二人で笑いながら真剣に驚いた。

彼と一緒に演奏をしたことは私にとって大きく意味のあることだった。

私は彼の声の波動に合わせて、ピアノの鍵盤をおさえる指の型を変えた。

彼の歌の力を借りて、私も強くなれた。

歌い終えて、彼は旅立つ。

遠く離れた場所で彼にしか体験できない青年期を過ごすだろう。

石川県金沢市にあるギターとドラムとボーカルの音楽教室

みくら音楽工房

ボーカル科講師
大場佳恵

2019-05-15 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

共に泣ける人

私の夢の中に彼女は現れた。

夢の中で私は、地主会のプログラムの原稿を作成する際に彼女の歌う曲名の英語のスペルを間違えてしまった。

正しくはcry
間違えて、Loveと記載してしまった。

夢の中で私は彼女に謝っている。

しかし、彼女は怒るどころか
ニコニコ笑いながら
『全然、大丈夫!』と言っている。

こんな夢を見た事を忘れていた。

その後、何日かの日常を過ごし、みくら旅に出かけた。

椿の花と葉っぱが鮮やかな坂道を下っていると、ふと先の夢を思い出した。

『あー!』
私の中で夢の世界と現実の世界が繋がった。
夢の意味がわかったのだ。

『泣く必要はない。愛でいいんだ』

彼女も一緒にみくら旅に来ていたので、呼び止めて説明した。

『あー!!』と言って
彼女も一緒に納得した。

レッスンで歌詞のイメージを共有し、特殊な磁場に立つと夢からのメッセージを受け取ることができる。

彼女が私の友人であることも関わっているが、共時性が働く条件の様なモノを体感した。

もう泣く必要はない。
なぜなら、彼女には愛が備わっているから。

隣に泣く人がいれば、彼女は寄り添い共に泣く事ができる人だ。

マイクを握っていない方の手から溢れ出るエネルギーと歌声は愛そのものであった。

石川県金沢市にあるギターとドラムとボーカルの音楽教室

みくら音楽工房
ボーカル科講師

大場佳恵

2019-05-07 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

一緒に気球に乗ろう!

君はいつも歌っている最中に笑いだす。

あまりにも君が楽しそうなので私も笑いながら歌ってみた。

歌を習い始めた頃は、反時計周りにクルクルと回りながら歌っていたね。

少し大きくなった頃、君は体を左右に揺らしながら歌うようになった。

レッスン室の椅子にちょこんと座り『気球に乗ったら宇宙まで行けるの? 』と聞かれ、私は想像した。

君は青い気球、私は黄色の気球に乗って飛んでいる。

君が歌ってくれたら、気球に乗って宇宙まで行ける気がする。

君は自分がその時、その時に歌いたい曲をよく知っている。

大人が何と言おうとも、歌いたい歌を歌う。

だから君の歌には場を一変させる力がある。

本当に歌いたい歌を歌っているだろうか。

石川県金沢市にあるギターとドラムとボーカルの音楽教室

みくら音楽工房
ボーカル科講師

大場佳恵

2019-05-06 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

夢の続きを見る

夢の中で好きな人とデートをしている途中で目が覚めてしまう。

もう一度続きを見たい!と思い再び寝てみても見れなかった。という残念な経験をしている人は少なくないと思う。

場所や色、人物、数字、会話の内容が詳細であればあるほど現実の世界と夢の世界の境目がわかりにくく感じる。

夢分析をしていくと、夢の世界と現実の世界が繋がっていることに気がつく

正夢なんか日常茶飯事。

夢の中で意識的に行動してみる。

すると、現実の世界が変容してくる。
逆も然り。


彼女は夢を見ないと言う。

しかし、夢の続きについて歌い終えた彼女はきっと今夜、夢を見ているはずだ。


ワインレッドのドレスを脱いで彼女は眠りにつく。

どんな夢を見ているのだろう。

石川県金沢市にあるギターとドラムとボーカルの音楽教室

みくら音楽工房
ボーカル科講師

大場佳恵

2019-05-03 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

蛍が光る宿

小学生の頃、父のお弟子さんが山の方に住んでいて夏休みになると蛍を見に連れて行ってくれた。

薄暗い7時半ごろの山の草むらには幻想的としか言いようがない光が点滅していた。

小学生の私は、蛍が私に何かを知らせるために光っているのだと思い込んでいた。

大人になって蛍が集まり光る宿に泊まっている自分をイメージしてみる。

ロウで染めた縞柄の着物を着て宿の縁側に立ってみる。

一緒に蛍の宿に来ている男性はどんな人だろうか。
きっと端正で知的な人だろう。

ん?何かが違う。とイメージの世界で気づき、現実の世界へ戻った。
そうだ、私はまだロウで染めた縞柄の着物が似合わないのだ。
しかし、彼女は違う。
とても似合う。

生き方と着る物が合致した時、それを着る者の歌は大きな力を発揮する。

彼女が歌う姿を見て時間の感覚がいつもと違うことに気がついた。

石川県金沢市にあるギターとドラムとボーカルの音楽教室

みくら音楽工房
ボーカル科講師

大場佳恵

2019-04-28 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments »