講師ブログ

2017みくらライブご報告その2〜適切な自信編〜

2017みくらライブご報告その2

〜適切な自信編〜

みくらライブではキッズコース、ジュニアコースの生徒さんが毎年大活躍をしています。

毎年みくらライブを見に来て下さる方がたから、あの子は去年よりずっと上手くなったねー!と彼ら、彼女たちの成長を共に見守ってくれています。

ドラム科の生徒さんのAくん。

今年は彼にとってとても難しい曲を演奏することになりました。

当初、みくら音楽工房でレッスンをしているときには自分の演奏に自信を持てず、困った顔をしているのを何度か見かけました。

しかし、ドラム科の端谷先生は彼はやるときにはやる!ということを知っていたので、根気よくレッスンを行っていました。

ライブ本番まで最後から2回目のレッスン日の事でした。

私がみくら音楽工房のリビングでパソコンの仕事をしているとドアがカチャと静かな音を立てました。

ん?

端谷先生かな?と思いましたが、ふと目線を落とすとAくんが不安そうな顔でこちらを覗いていました。

「どうしたん?」と私が聞くと、

Aくんは

「端谷先生は?」と答えました。

「今、戻って来るよ!」と答えるとスーとドラムの部屋へ戻って行きました。

きっと色んな事が不安で端谷先生を探していたんだと思いました。

なんて愛おしいんだと、心がギューとなりました。

ライブ前の独特の緊張感が私にもあり、Aくんの気持ちが痛いほどわかりました。

そしてライブ前、Aくん最後のレッスン日。

私はボーカルレッスンの空き時間でした。

お手洗いに行こうとドラムの部屋の前を通るとAくんが叩く音が聞こえてきました。

難しい場面にさしかかり、私は思わず息を止めて聞きました。

あれだけ難しい曲を一曲、叩ききりました。

私は一人、廊下で拍手をしました。

防音ドアなのでAくんにその拍手は聞こえていなかったかもしれません。

それでも私はおしっこをするのを忘れて拍手をしました。

Aくんに自信を持ってもらいたかったのです。

Aくんに私自信を重ねていたのかもしれません。

そして本番当日。

やっぱりAくんは叩ききりました!!

私はAくんのドラムに合わせてバックバンドメンバーとして歌いました。

楽しかったなぁ。

ありがとうねー。

っていうか、私がもっと練習しなければいけませんでした・・・。

精進します。

自信を失っている人に適切な自信を取り戻してもらうことは容易なことではありません。

それを可能にした端谷先生はすごいなぁと思いました。

端谷先生がちびっ子に人気の理由を見せてもらいました。

端谷先生もAくんもおつかれさまでした!

石川県金沢市にあるドラムとギターとボーカルの音楽教室

みくら音楽工房

ボーカル科講師

大場佳恵

2017-11-19 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

2017みくらライブご報告その1〜共に歌う編〜

2017みくらライブご報告・

その1〜共に歌う編〜

今年からみくら音楽工房にはギター科が加わることになりました。

なんと、記念すべき最初の生徒さんはラクジー師匠でした。

ラクジー師匠とギター科の地主直之先生はなんだか馬が合うようで、コーヒーとタバコを飲みながらいつもムジャムジャと話しています。

先日のギターレッスンでは、レッスンが終わった後にコーヒーとタバコを飲みながら

「自治会」について2時間ほどしゃべっていたような気がします。

自治会についてこんなに盛り上がれる人たちっているんだぁとある意味感心しました。

地主先生と打ち合わせをしたかったのですが、自治会の話と今後のみくら音楽工房の楽しい計画を色々と3人で妄想しているうちに、あっという間に深夜になってしまいました。

そんなラクジーが先日のみくらライブでギター科の生徒さんとしてギターの弾きがたりで参加しました。

ライブ前のレッスン日に、

「あんたちょっと聞いてくれんけー?」とラクジーが何やらうれしそうに私に話しかけてきました。

ラクジー

「地主さんがハモってくれることになったわ!」

大場

「えー嘘やろう?ほんとに?またラクジーが無理矢理頼んだんじゃないんやろうね?!」

ラクジー

「ちがうちがう!ワシは無実や。

地主さんが俺、ハモろうかなぁって、言ってくれたんや」

そうこうしているうちに2人の演奏が始まりました。

ソファーに座りながら2人の歌とギターを聴いていると視界がぼやけてきました。

海の中に入って目を開けたような感覚になりました。

ここはいったいどこなんだろう?

ふと、ここはみくら音楽工房のリビングだと気づいたときに私の目には涙が溜まっていました。

そして2人の演奏は終わっていました。

私は2人に拍手を贈りました。

ラクジーのかすれた声に地主先生の思いもしない高音の綺麗な声が重なって、そのコントラストが歌とギターの音の深みを増していました。

そしてライブ本番。

柔らかくて温かく、ちょっと切ない2人のハーモニー。

地主先生がハモってくれるなんて!

長い間、地主先生と演奏の仕事をさせていただきましたが、そんなこと私には一言も言いませんでした。

ラクジーの歌には地主先生に俺も歌おう!と思わせ、惹きつけるモノが何かあったのだと思います。

ドラム科の端谷先生に地主先生がハモってくれることを伝えると、

「そんなワザ隠し持ってたんや!」と驚いていました。

共に歌い、奏でるとはこんなにも素敵なことなんだと今更ながら実感した歌でした。

その人にしか出せない声があります。

その瞬間にしか出せない音があります。

地主先生、来年はハモりのオファーが増えるよー!!

石川県金沢市にあるドラムとギターとボーカル教室

みくら音楽工房

ボーカル科講師

大場佳恵

2017-11-18 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

2017みくらライブお礼

みくら音楽工房のスリッパが冬バージョンになったり、生徒さんがコートを着て来たりマフラーを巻いてきたり。

季節はいつの間にかすっかり秋の後半をむかえています。

みなさま、お元気でしょうか?

10月9日に開催したみくら音楽工房発表会ライブ 「2017みくらライブ」がおかげさまで無事に終えることができました。

ご来場いただいた皆様、参加してくださった皆様ありがとうございました。

今回は出演者が多数のため、バックバンドを担当してくれるみくらバンドのメンバーにはとても身体に負担をかけてしまいました。

みんな腰にきていたようで・・・。

すいません、来年は大幅に計画を改良させていただきます。

本当にありがとうございました。

石川県は狭いなぁと思うことがありました。

お客様より

「私、みくらバンドのベースの馬場さんの後輩なんです!」とのこと。

そこから馬場さんのお話で、暫し盛り上がりました。

ライブが終わってからもライブが続いているようでとても楽しい時間です。

ラクジー師匠より、みくら音楽工房永久会員と名付けられたOさんは東京のご自宅からみくらライブに毎年来てくださいます。

本当に嬉しくて、今年はみくらバンドと一緒にお昼のお弁当を食べようとお誘いしました。

なんだか様子がおかしく、話を聞くと

兼六園に寄った後、頭を蜂に刺され、更にスマホを落として失くしてしまったとのことでした。

お昼から打ち上げまで一日中ラクジーに散々からかわれて・・・。

心配していましたが、ライブ翌日にメールがあり、

「蜂に刺された頭も朝風呂に入ったらスッキリ大丈夫!スマホも警察に届けられていて無事でしたー!」

はぁー、よかったよかった。

金沢はスマホを失くしても戻ってくるとても良い場所だということがわかりました。

『Oさん事件』としてみくら音楽工房でこの先語り継がれる事と思います。

先輩後輩として出会ったり、東京と金沢が繋がったり、いろんな人と出来事が圧縮されたみくらライブでした。

他にもいろんな事がこの日にあり過ぎて、何から書けば良いか迷います。

私のペンケースの中身のようにぐちゃぐちゃとしていますが、少しずつブログに書いて整理していこうと思います。

みくらライブが終わり一ヶ月以上も経ってしまいましたが、まずはお礼まで。

みなさま、ありがとうございました。

写真はみくらライブのパンフレットの裏面です。

ボーカル科の生徒さんで出演者でもあるデザイナーの原嶋なつみちゃんが作ってくれました。

デザイン、イラスト 原嶋なつみ

http://natsumiharashima.com/

オモテ面は前回のブログに載っています。

裏面は太鼓を叩いているイラストです。

オモテ面も好きですが、私は裏面もお気に入りです!

生徒さんにもカワイイ!と大好評でした。

イメージが形になって具体化すると私の身体と心にエネルギーが湧いてきます!

石川県金沢市にあるドラムとギターとボーカル教室

みくら音楽工房

ボーカル科講師・大場佳恵

2017-11-15 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

2017みくらライブご案内

日陰に入ると心地良い風が感じられる季節がやってきました。

皆様またまたお久しぶりのブログです。

もはやブログとしての機能が果たせていないような気もしつつ・・・。

今回は大事なお知らせがあるので書いておかなければ!と思いブログのページを開いています。

秋がやってきたという事はみくら音楽工房の発表会ライブ、『2017みくらライブ』が近くなってきたということです。

ボーカル科、ドラム科の生徒さんが講師のバックバンドにて演奏します。

そわそわしている生徒さん。

ドキドキしている生徒さん。

あまり実感が無く淡々としている生徒さん。

いろんな思いをそれぞれに抱いて演奏します。

私はというと、毎年恒例のバタバタ、グチャグチャとしながら毎日を送っています。

今年で5回目のみくらライブなので、ちょっとは段取り良くスマートに動けるかなぁーなんて思っていたらあっという間に9月です。

2017みくらライブのご案内です。

◆日時

10月9日(月祝)

開場、13:00

開演、13:30

◆場所

金沢市若松町104番地1

シェア金沢 MOCKモック

☎︎076-256-1015

◆入場料

1,000円

小学生以下無料

※別途ワンドリンク300円ご注文をお願いいたします。

◆駐車場

台数に限りがありますので、なるべく乗り合わせにてお越しください。

◆バックバンドメンバー

ピアノ、新村真理

ギター、北山功ニ

ギター、地主直之

ベース、馬場建史

パーカッション、端谷信幸

ドラム、端谷博人

ボーカル、大場佳恵

司会、ラクジー師匠

(みくら音楽工房特別顧問)

写真は2017みくらライブのご案内フライヤーです。

ジャーン!!っというインパクトのあるステキなフライヤーが今年もできました。

デザイナーの原嶋なつみちゃんが今年も作ってくれました。

なつみちゃん、今年もありがとうございました!

デザイン&イラスト 原嶋なつみ

http://natsumiharashima.com

お天気に恵まれることを祈りつつ、みなさまにお会いできることを楽しみにしています!

石川県金沢市にあるドラムとギターとボーカル教室

みくら音楽工房

ボーカル科講師・大場佳恵

2017-09-08 | Posted in おしらせ, 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

第1回地主会ご報告

みなさま。大変ご無沙汰しております。

ブログがラクジー師匠の靴下の写真から更新されていませんでした。
おじさんの足の写真のままではいけないと思いながら、月日はあっという間に流れ。
梅雨。
何から書こうか迷うくらい、みくら音楽工房はグチャグチャでした。

少しずついろんなことが整理され、新しいことにも慣れてきたかなぁ。ペースが見えてきたかなぁというこの頃です。
まずは3月末に開催された『地主会』のご報告です。
地主会とは、土地をたくさん所有している人々の集まりではなく、ボーカル科の生徒さんが

『地主直之先生のギター一本だけで歌う会』のことです。
タイトルが長いのでいつしか

『地主会』と略されることとなりました。
みくら音楽工房リビングにてボーカル科の生徒さんが1人ずつ地主先生のギター伴奏に合わせて歌いました。
地主先生は相変わらず大人気で、平日開催にも関わらずお昼から夜遅くまで入れかわり立ちかわり、たくさんの生徒さんが歌いにやってきてくれました。
みくらリビングは親戚の集まりのようになり、小学生の生徒さんがお菓子を食べながら50代女性の生徒さんに

『あの歌、良かったよ!』と本気で褒めていたり。
高校生の生徒さんの歌を聴いて、あの頃にしか出せないまさに透き通るの声色に涙を流したり。
隠されていた声を振り絞るように出して、やがて叫びとなり魂というモノを見せてもらえたり。
自分の歌に納得がいかず、梅雨の空のような表情を浮かべてみたり。
みくら音楽工房特別顧問のラクジー師匠はご希望の生徒さんにはコメントを出してくれました。

いやー、脱帽でした。

ラクジーのコメントには参りました。初めて聴いた歌に的確なアドバイスをして、私が捉えきれない部分を見事に言葉にして生徒さんに届けてくれました。
休憩時間にラクジーは保育園に通っている生徒さんのお子さんと粘土のオモチャで遊んでいました。
キャベツを粘土で作っていましたが、なんだか不恰好なキャベツ。
私がお弁当を食べながらふと横を見ると、とてもクオリティの高いキャベツを地主先生が粘土で作っていました。
さすが、ギタリスト!指先が器用です。
褒めたり、褒められたり、コメントを出したり、泣いたり、叫んだり、キャベツを作ったり、悔しがったり、爆笑したり。
いろんな歌を聴かせて頂きました。
そして、膨大な曲数の伴奏を一人で弾いてくれた地主先生には本当に感謝です。

ありがとうございました!
そして、実験的にやってみた地主会は

『今度はいつやるの?』というお問い合わせを生徒さんから頂いています。

地主先生、ラクジー、またお願いします!
今度はさらに改良を重ねてパワーアップした地主会にしたいと思います。

私も粘土キャベツを作ってみようー。
写真は地主会の後日に訪れた、みくら旅での一コマです。
神社の屋根の裏側が楽器のように見えて鼻歌を歌っていました。

石川県金沢市にあるドラムとボーカルとギターの音楽教室

みくら音楽工房
ボーカル科講師

大場佳恵

2017-07-10 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

ギター科開講のお知らせ

お久しぶりのブログになりました。年が明けてから、ドラム科の端谷先生も私もラクジー師匠もフル回転で動いています。

さて、今回はみくら音楽工房からの大事なお知らせです!

なんとみくら音楽工房にてギター科が新たに開講することとなりました。

講師はみくら音楽工房発表会ライブ【みくらライブ】でもおなじみの地主直之先生です。

ラクジー師匠と地主先生はミョーに仲が良いご様子で。

昨年末の打ち合わせでも、みくら音楽工房リビングにあるコタツの一辺に2人仲良く並んで座って夜中まで話していました。
コタツは四辺あるのになぜこの2人は狭い所に並んでむじゃむじゃと話しているんだろう。

きっと仲良しなんだ!

そうなんだ!

そうこうしている内に話は進んで、

ラクジー師匠

『あんたみくらでギター教えんか?』

地主先生

『あー、うん』

大場

『今、うんって言った!確かにうんって地主先生言ったー!!』

和音の聴音が苦手なクセに地主先生の、『うん』という低音の声は聞き逃しませんでした。

嬉しかったのです。

前振りが長くなりましたが、このような経緯でみくら音楽工房でギター科を開講します。
◆体験レッスン日

3/19日曜日

時間はご相談ください。

◆体験レッスン料

30分の体験レッスン料は

1,000円です。

体験レッスン時に楽器をお持ちで無い方にはお貸しいたします。

◆ウクレレ、エレキギター、

アコースティックギター

の中よりコースをお選びください。

◆4月より、日曜日、月2回コースにて開講します。

時間と日程はご相談させて頂きます。

ギターボーカルや弾き歌いをしたいボーカル科のみなさんも大歓迎です。
ご不明な点がありましたら、みくら音楽工房までお気軽にお問い合わせください。

私もドラム科の端谷先生も、ラクジー師匠も地主先生のギター科が始まるのを楽しみにしています。
三寒四温が終わる頃、春と共に地主先生がみくら音楽工房に来てくれます!
地主先生、忙しい中ありがとう。

またみくらコタツでコーヒーをたっぷり飲もうね。
写真はラクジー師匠の靴下とラクジー用のマグカップの配色が奇跡的にお揃いという日の光景です。

地主先生用のマグカップも買ってこよう!!

石川県金沢市にあるドラムとボーカルとギター教室
みくら音楽工房

ボーカル科講師・大場佳恵

2017-02-16 | Posted in おしらせ, 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

2017年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます!
みくら音楽工房のみんなとご家族のみなさまが健康で元気に歌えて、ドラムを叩ける一年になりますように。
上記の文言をみくら音楽工房の守り神である大野湊神社でお参りしてきました。
みくら音楽工房が金石に引越ししてから毎年恒例になった、みくら初詣の旅に行ってきました。
今年は、

下は小学2年生から上は60代まで、みくらの生徒さんやご家族、みくらの仲間がみくら音楽工房リビングに集合してからご近所の大野湊神社へ初詣。

ここからみくら音楽工房の一年は始まります。

どんな一年になるのか、テレビやネットでもやっていますがみくら音楽工房らしい一年にしたいと思います。

みくらのみんなの顔を見るとなんだかホッとします。

親戚、家族とも違う奇妙な一団がラクジー師匠を先頭にぞろぞろと神社を巡り、それぞれの想いを鈴と柏手の音に乗せて心の中でうたいます。

大野湊神社でひいた私のおみくじは、大吉。

大吉をひいた記憶がありません。

新年早々、戸惑う私でした。

ドラム科の端谷先生は新年早々、お仕事でした。

ご苦労さまです。
写真の熊手はラクジー師匠がみくら音楽工房のみんなのためにプレゼントしてくれました。

お正月っぽいねー。

ありがとう!

みなさま、どうぞ今年もよろしくお願いいたします!

石川県金沢市にあるドラムとボーカルの音楽教室
みくら音楽工房

ボーカル科講師、大場佳恵

ドラム科講師、端谷博人

特別顧問、ラクジー

2017-01-05 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

3人衆

今年のクリスマスイブ。ひたすら溜まった12か月分の伝票整理と歯医者。

華やかさが全くありません。

白黒の領収書をひたすら整理していると、みくら音楽工房のパンフレット一式など全部デザインしてくれているデザイナーの原嶋なつみちゃんからのメール。

年賀状できたよー!

との一報でした。

今年もみくら音楽工房の年賀状デザインをなつみちゃんにお願いしていました。

おー!これはナイスタイミングと思い、なつみちゃんの家に取りに行くことにしました。

そうだ、なつみちゃんの子供3人衆にお菓子を買って行こうと思いつきお菓子売り場に。

可愛いクリスマス包装のお菓子がたくさんあります。

キラキラしています。

さっきまでの伝票の世界とは大違いです。

1番小さいあの子にはこれかなぁ。

真ん中のあの子にはこれだ!

1番上のあの子にはこれかなぁ。

ちょっと子供っぽいかなぁ。

・・・。

どれだけ時間が経ったのでしょう。

完全に伝票整理からの逃避です。

プレゼントを選んでいる時は楽しいなぁ。伝票整理とは大違いだ。

伝票もキラキラでラメラメの配色にしたら楽しくなるんかなぁ。

いや、目がチカチカして絶対に楽しくない。むしろ苦痛が増えるだけだ。

なーんて考えながら、なつみちゃんの家へ向かいました。

3人衆に1人ずつ渡すと、みんながそれぞれの表現の仕方で喜んでくれました。

ちょっと、年賀状を取りに行くだけが、コーヒーをご馳走になり、1番下の子とぬいぐるみで遊んだり、なつみちゃんと音楽番組の録画を観たり。

満足、満足。
帰宅後、また伝票整理という白黒の世界に戻りました。
白黒があるからカラフルなキラキラが映えるんだもんね。
はぁー、続きをやるか。

メリークリスマス!

石川県金沢市にあるドラムとボーカルの音楽教室
みくら音楽工房

ボーカル科講師・大場佳恵

2016-12-26 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

へうげもの

卑怯者。と、漢字で書くと怖くてイカツイ感じがしたので、ひらがなで書いてみました。

卑劣の卑に、

怯えるの怯かぁ。

なるほどなぁ。

漢字は本当に奥が深いです。

漢字博士の白川静さんの本を読みたくなってきました。

漢字にものすごく興味があった私は小学生の頃、夏休みの自由研究で漢字について研究をしました。

形とイメージと意味と音が絶妙なハーモニーを作りだしている漢字はステキです。

さらに日本人の大発明は、

ひらがなとカタカナを作ったことです。

これによってさらに微妙なニュアンスを表現できるようになりました。

さて、ひきょうものの話。

昔、ラクジー師匠は夢分析で私に言いました。

私が仕事のトラブルを相談した時でした。

『あんたそれ、卑怯やわ。なんで後からそんなこと言うんや?おかしいと思ったんなら、なんで本人にその時に直接言わんのや?』

『あー!!』

ラクジーは宝石店社長時代には世界中の取引先と交渉をしてきました。

父性社会の欧米では後出しジャンケンは通用しません。

私は

『でも、その時なんかおかしいと思ってもそれをラクジーみたいにとっさに言葉にできんのやわ。どうしたらいいんや?』

ラクジー

『気がついた時になるべく早く言うことやね。こうやって今、夢分析の時に意識したから大丈夫や。やってみ!練習すれば誰でもできるようになる。今すぐできるようになるなんて、子供じみたことは考えんことやね』

ラクジーは娘さんのNちゃんにもそうやって教えてきたそうです。

勉強しろ!とは一言も言わなかったそうです。

学校でこういうこと、教えて欲しかったなぁ。

それからもう1つ。

と、ラクジーは付け加えました。

『あんたが、そこで言えなかった時、大抵後からグチャグチャ文句を言って、その後に落ち込むやろ?それなんでやと思う?

その場でおかしい!とキッパリと言えなかった自分に対して腹が立つんやわ』

『おー!!!頭良いじぃー!』

ラクジー

『・・・。』

キッパリと言えるようになった私の歌には力が出てきました。

やはり、表現力の源は生き方にあるようです。

写真は決して、ひきょうなことはしない、ひょうきんもの(へうげもの)のラクジーでした。

石川県金沢市にあるドラムとボーカルの音楽教室
みくら音楽工房

ボーカル科講師・大場佳恵

2016-12-25 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments » 

 

歴史を知って歴史をつくる

本格的な年末がやってきました。ボーカルの生徒さんは風邪やインフルエンザ、体調不良でお休みされる方が増えてきています。
みなさん、どうぞお大事にしてください。

さて、最近のレッスンでは生徒さんに本をご紹介することが多くなってきました。

本と言えばラクジー師匠です。

今まで軽く10,000冊以上読んできたラクジーに本について聞けば大抵のことは答えてくれます。

ふと、空き時間が出来た私は近くの本屋さんにでかけました。

ボーカル関連の場所や新書、心理学のジャンルをパラパラとチェックをした後、歴史のコーナーに辿りつきました。

私は中学生のころに習ったであろう歴史がほとんど記憶から抜け落ちています。

どこに置いて来たんだろう。

実家かなぁ。

通学路かなぁ。

悲惨なぐらい無知過ぎることと、

歴史を知ることで今からどう動くのが良いのか見えてくるかもしれないと思い、わかりやすーい歴史の本を手に取りました。

特に近代史が全く抜けているため、ラクジーに驚愕されたことがあります。

『あんた、それ本気で知らんのか?!』

口がポカンと空いて、顎がガタンと落ちたまま5秒ほどラクジーは黙りこんでいました。

ニュースでは沖縄の問題がたくさん流れています。

歴史とは今のことでもあると思います。

過去の出来事から今に繋がって私が存在しているのだと思うといろんな問題は決して、ヒトゴトでは無いのです。

昔、ラクジーは私の夢分析で良く言っていました。

『1人の人間が目覚めれば大きな力になる。これは本当のことだ。世界を変えるんじゃない。自分が変わればいいんや』

幼い頃からマンガも読まなかった私がラクジーのおかげで本を読むようになり、私の世界は大きく変わりました。

そして、私の歌も変わっていきました。

きっかけは本かもしれません。

きっかけは歌かもしれません。

きっかけはドラムを叩くことかもしれません。

私はこれからもじゃんじゃん世界を変えて行こうと思います。

変わることは最初は面倒で、怖くて、難しいと感じるかもしれません。

そう思わせているのは自分ですが、実はとっても楽しい行為です。

気がついたら、みなさんのおかげでみくら音楽工房にも歴史が出来ていたのです。

来年もまた歴史をみんなで作りましょう!

石川県金沢市にあるドラムとボーカルの音楽教室
みくら音楽工房

ボーカル科講師・大場佳恵

2016-12-24 | Posted in 大場佳恵のブログNo Comments »